システムの説明と、適している理由

Author: admin  |  Category: 下準備が大事

太陽光発電システムの肝要なパーツは太陽電池です。
太陽電池という表現から連想する意味について、多くの人は電気を蓄電するバッテリーを連想されるでしょう。
実際は太陽電池に蓄電能力はなく、バッテリーのように電気を貯める事は全くできません。
太陽光エネルギーを電気に変換して発電する装置の事を太陽電池といいます。
その太陽電池はソーラーパネル内に格納されており、発電装置として住宅用太陽光発電システムの場合はほとんどの設置ケースで住宅の屋根上に設置します。
宮崎市は日本国内で平均日射量の多い地域ですから、太陽光発電システムの設置に非常に向いている地域でしょう。
屋根の上に太陽電池(ソーラーパネル)を設置するなら、日本の平均よりもかなり多くの電気を自家発電することが可能です。
太陽電池の主な構成材料は半導体です。
半導体はコンピューターや電子機器に使う材料で、構造は複雑ですが重量が軽いので、屋根の上に設置してもそれほど住宅に負荷を与えません。