失敗しない太陽光発電のために必要なこと

Author: admin  |  Category: 下準備が大事

東日本大震災以来、日本のエネルギー政策が見直されています。
その中で非常に期待をされているのが再生エネルギーといわれているもので、
代表格が太陽光発電パネルです。
太陽光を利用して発電するので地球環境にとって非常にいいのです。
個人的にも興味があったので色々と調べてみましたが、
その価格の高さに驚きました。
自分の貯金ではとても購入できそうにないような額です。
200万円ほど用意できないと自分の満足いく太陽光発電パネルの導入は難しそうです。
ですが、こんな自分でも何とか太陽光発電パネルをいつか導入するようにしたいですし、
そのときのために失敗したい太陽光発電のために必要なことをまとめてみました。
まず、費用に関する計画をきちんと立てることです。
太陽光発電パネルはメーカーごとに発電量が異なりますから
導入するメーカーがどの程度発電してくれて、
その結果自分の家にはいくらメリットがあるかということを細かく算出します。
それを現在の電気代と比較して何年で元がとれるかということを算出します。
たくさん使っている家ほど売電の量が多いので現在に比べてメリットが多くとれます。
次に自分の家はパネルを取り付けるのに適しているかということをチェックします。
古い家だとパネルの負荷に耐えきれないということがあるので、
業者から取り付け不可ということになってしまいます。
新築に近い家であれば問題ないのですが、
自分の家の築年数がきちんとパネルを搭載するのに耐えられるのかということを業者に聞いておきましょう。
また、東京スカイツリーがたったときにも問題になったのですが、
都市計画次第では今まで日当たりのよかった家でも日当たりが悪くなってしまうということがあります。
太陽光発電パネルの場合は数分でも日陰になる瞬間があると、
発電量が一気に下がってしまいます。
そこで自分の家のまわりの都市計画についても調べておいて、
太陽光発電パネルに影響がでないかということをチェックしておくのがいいでしょう。