エコ意識が高くなる

Author: admin  |  Category: 設置メリット

太陽光発電を自宅に導入する理由は家庭によって違うと思います。
停電などがあった時にも電気が使いたいから太陽光発電を購入したという人もいるでしょうし、売電によって将来的に収益が期待できるからという経済的な理由で設置したという人もいるでしょう。
私も自宅に太陽光発電を導入したきっかけは「設置費用は高いけれど補助金も出るし、長期的には売電によって利益が出るかもしれない」という安易な考えでした。
ところが、実際に太陽光発電を導入してみて強く思ったのが「エコ意識が強くなり、環境に対する考え方が変わってきた」ということでした。
もちろん最初は「なるべく電気に使用料を減らして売電に回せば経済的なメリットが大きくなる」というのが省エネのきっかけでした。
そのうち、「どうすれば消費電力を減らすことができるのか」ということを真剣に考えるようになり、いつの間にか照明のスイッチをこまめに落としたり、冷房や暖房の設定温度を調節したりするようになっていました。
太陽光発電では自宅の消費電力や売電量をひと目でチェックできる電力モニタというものが室内に設置されます。
これは節電のためにはとても有益で、消費電力を節約した結果が視覚的に確認できるので、モチベーションにつながります。
「使用しいていない部屋の電気を消すとこんなに使用電力が減るのか」とか、「エアコンてこんなに電力消費量が多いのか」と気付くことができます。
こういったエコ意識の高まりはもちろん電気代の節約にもつながり、経済的なメリットにもつながるのですから、一石二鳥というわけです。