太陽光発電を宮崎県で設置するメリット。

Author: admin  |  Category: 宮崎で発電するために

太陽光発電は太陽の光を電気エネルギーに変える装置です。
太陽の光を電気エネルギーに変換するのです。
したがって太陽光発電の設置は日照時間と深く関係してきます。
宮崎県は年間を通じた日照時間は日本全国の統計を取ってみると第3位です、
太陽光発電にはとても有望な地域ではないでしょうか。
太陽光発電の最大の欠点はよる発電しないことです、
また蓄電装置が無いことです。
そして大きな電力を太陽光発電で作ろうとすると大きな面を必要とします。
したがって広大な土地を必要とするのです。
しかし自宅の家庭用などの小さな電力を賄うには屋根に設置するだけでいいのです。
それに太陽光は無尽蔵です、
枯渇することを考える必要のないクリーンなエネルギーなのです。
このようなエネルギーを自ら得ることができるのです。
その発電効率からすると宮崎県は日照時間が長いと言うものすごいアドヴァンテージを他の地域よりもっているのです。
太陽光発電は自宅の電気料を安くするだけでなくで電力会社に発電した電気を売ることができるのです。
太陽光発電のパネルを設置する費用は大体同じですが発電効率がいい場合と悪い場合では投資する効率に差が出てきます。
宮崎県は太陽光発電の投資効率がいいということになります。
その投資効率を作用するものに設置費用があります。
かつては地球温暖化の問題から、
最近では福島原発の問題から国や都道府県や市町村が補助金を設置しています。
太陽光発電装置を設置すると10kw以下の小口の発電には補助金がもらえるのです。
その補助金を利用して太陽光発電装置を設置したらその費用の回収は早くなります。
最近ではその回収が早くて5年、
遅くても8年くらいで投資した資金を回収できるそうです。
史矢崎圏で太陽光発電の補助金は現在県や市町村の補助金はあまりの人気によ定数に達してしまい現在申し込みの受け付け中止になっていて国からの補助金だけになっています。
しかし国だけの補助金で設置しても宮崎県なら投資してもメリットが多いと思います。