宮崎で期待される太陽光発電は

Author: admin  |  Category: 宮崎で発電するために

すでにメガソーラーを建設し、それによって太陽光という自然の力を使って電気を作り出している宮崎では、これからもどんどんメガソーラーによる発電が期待されていると思います。
最近は少々円安に振れた感のある為替相場ですが、またもやイタリアを元凶にして欧州で金融懸念が勃発しそうな気配ですから、まだまだ円高への警戒が必要です。
そうなると、企業が国内に戻ってきて企業経営をすることは望み薄ですから、企業誘致のために用意した広い土地が余っているという現象は、多くの都道府県で起こっているのではないでしょうか。
宮崎においても、かなりの規模の遊休地があるときいたことがありますので、ここをメガソーラーの拠点にできたらと思います。
また、住宅の屋根に取り付けることも、県民それぞれが自然エネルギーに関心を持ち、既存のエネルギーではいけないと考えることにつながりますので、大事なことだと思います。
けれど、なかなか住宅への設置も進みませんし、経済活動での利用となると膨大な量の電力を必要とします。
ただし、それにひるむことなく多くの自然エネルギーを作り出すことによって、電力会社依存の今のエネルギー供給システムに、くさびを打ち込みたいものです。
宮崎で展開されているメガソーラーなら、火力や原子力に比べると少ないかもしれませんが、確実に自然エネルギーを作り出すことができます。
また、メガソーラーという大規模な発電の管理をするための雇用も生まれることになり、企業が来てくれない遊休地が生かされることは間違いなく、それもありがたいことなのではないでしょうか。
太陽光発電によって電気を作りだし、そのための施設で雇用を生み出す。
そんな太陽光発電事業のとっかかりを作ったところですから、これからもさまざまなアイデアを活かし、宮崎を太陽光発電事業の経済発展場所として言ってほしいと思います。
一躍その名を全国に知らしめた実績があるだけに、今度は自然エネルギーで有名になってほしいと思っています。