宮崎での太陽光発電なら

Author: admin  |  Category: 宮崎で発電するために

宮崎というのは、もともと南国というイメージがありますので、太陽光発電にはうってつけの土地ではないかと思います。
実際に宮崎県では太陽光発電の導入に非常に積極的で、宮崎県の公式ホームページを見ると、これからは太陽光発電をどんどん取り入れていかなけれならないといった趣旨のことが、切々と説かれています。
宮崎県は太陽光発電に向いているという、漠然としたイメージを持っている人は多いと思いますが、宮崎県のホームページではそれを実証するデータを掲載しています。
それが、晴れの日は日本全国で二番目に多いこと、日照時間が日本で三番目に長いことです。
晴れの日というのは快晴の日限定にしていますから、多少雲がでているくらいの晴れも含めれば、年間で安定した太陽光発電ができると思います。
台風の進路にあたりがちなので、そのあたりの心配は付きまといますが、台風もシーズンのものですから、それ以外のときは安定した太陽光発電が期待できます。
日照時間が長いということも大きなメリットで、朝早くから夕方まで、太陽を浴び続けることができるというわけですから、太陽光発電システムもずっと稼働していることになります。
太陽光発電をし続けてくれれば、その分、発電量も多くなり、電気もたくさん作れることになります。
宮崎のような南国ほど、どんどん太陽光発電を採りいれることで自然エネルギーの力を利用していくべきでしょう。
宿泊施設など大型の建物に採りいれることで、それらの施設をクリーンなエネルギーで動かしているということは、宮崎県のアピールの一つになると思われます。
補助金制度もあることですから、宮崎県の方はこれからどんどん太陽光発電システムの導入に踏み切っていってもらいたいものです。
そして宮崎県と気候が似ている周辺の県にも、宮崎をモデルケースとして、どんどん太陽光発電を導入した家を増やしていってもらいたいと思います。
そうすることで、宮崎から九州全体へ波及していくと思います。